2009年12月29日火曜日

会議では暖かい飲み物を出そう!

ロンドンは、ここ最近天気が続いていて快調ですが、外に出るとピリリと寒い。こういうときには、ぬくもりが恋しくなるものです。



今日のお題は暖かさについて。みなさんもご存じのとおり、暖かいには二通りの意味があります。



ひとつは、物理的に暖かいか冷たいか。熱い飲み物と冷たい飲み物とか、そういう表現のときにつかう「物理的な暖かさ」。



もうひとつは、あの人は暖かい人だよね、とか冷たい人だよね、というように使う「対人的な暖かさ」。



面白いのは、最近の研究成果*によると、この「物理的な暖かさ」は「対人的な暖かさ」を促進するというのです。



要するに、この二つの異なる「暖かさ」は、知らない間に私たちは、関連づけているというのです。



どういう実験かというと、被験者に暖かいものを持たせて、ある人にあわせるのと、冷たい物を持たせて、ある人にあわせるのとでは、暖かい物を持たせた被験者の方がそのある人をより暖かい人と判断する傾向にあることが分かりました。



この研究結果からの示唆:


会議や仕事で人を招いたときなどは、暖かいお茶かコーヒーを出しましょう!



*Experiencing physical warmth promotes interpersonal warmth

Lawrence E. Williams and John A. Bargh